小児矯正

小児矯正

小児矯正を始める時期について

お子様は、どんなに歯並びが悪くても、自分から矯正治療を受けると訴えることはないので、親御様が気にかけてあげましょう。

噛み合わせが悪いまま放置しておくと、将来的に虫歯や歯周病のリスクが増すことにもなりますので、早めに矯正治療の必要性を確認しておくのがお勧めです。いしわたファミリー歯科クリニックでは、就学される前に、一度歯の状態を確認するためにご来院されることをお勧めしています。

歯並びについてもお子様一人ひとりの違いがありますので、早期に矯正治療を受けた方が良い場合もあれば、何年か待ってから行った方が良い場合もあります。いずれにせよ、歯並びが悪いままにしておくと顔の骨格のバランスが崩れていき、5年後10年後には治療が困難になったり、大規模な治療をしなければならなくなったりします。お子様の歯並びが気になるようでしたら、まずはお早めにご相談ください。

小児矯正の流れ

お子様の矯正治療には2つのステップがあり、お口の中の状況によってはまずはワイヤーを使わない矯正を行うことになります。

第1期治療(乳歯列期)

第1期治療(乳歯列期)

歯並びを悪くする要因を改善し、大人の歯に生え替わった時にきれいに並ぶよう土台を作っていきます。そのために、骨格の成長を上手く調整してあげるのがポイントです。この時期にきちんと治療をしておくことで、第2期治療を行う際に抜歯する必要がなくなる可能性があります。

第2期治療(乳歯、永久歯、混合歯列期)

大人の矯正治療と同じように、歯にブラケットと呼ばれる装置を取り付け、ワイヤーで歯を動かしていく治療を行います。
(初診の時点で歯の生え替わりが既に完了している場合は、第1期治療と第2期治療は行わずに、第3期治療からスタートすることになります。)

不正咬合の種類

受け口(反対咬合、下顎前突)

受け口(反対咬合、下顎前突)

下の前歯が上の前歯よりも前に飛び出している状態で、そのままにしておくと、顔付きにも悪影響が出てきます。前歯の噛み合わせと顎の成長バランスを整えていきます。

歯がデコボコしている(叢生)

歯がデコボコしている(叢生)

顎の大きさが十分でない、歯が大きい、乳歯が虫歯になって抜けてしまった…といった原因で発生します。顎の成長を促進し、奥歯を後ろに移動させて歯がきれいにならぶスペースを作ります。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

歯が出ていると、前歯を折ってしまうなど、ケガをする可能性が数倍高くなると言われています。上下の顎の成長バランスを整え、できるだけ上の前歯が出ないようにします。

前歯の噛み合わせが悪い

前歯の噛み合わせが悪い

指しゃぶりや、舌を前に出す癖が原因で起きる不正咬合です。食事や会話にも支障が出ますので、早めに癖を治して、必要であれば舌や唇周りの筋肉を鍛えるトレーニングを行います。

下顎が横にずれている(交叉咬合)

下顎が横にずれている(交叉咬合)

顎の成長バランスが崩れたり、噛み癖があったりすると、このような状態になります。そのままにしておくと左右非対称な成長が続いていくため、早めに治療をするようにしましょう。

小児矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 歯列を整えることにより歯磨きがしやすくなるため虫歯予防にも繋がります。
  • 早めに対処することで永久歯での矯正期間が短くなります。
  • 顎の成長のバランスを整えることができます。
  • 大人になってから永久歯を抜かずに矯正できる可能性が上がります。
  • お口本来の機能を取り戻せます。
  • 咬み合わせを整えることにより全身のバランスも整えることができます。

デメリット

  • 矯正中は本来のブラッシングが出来ないため、虫歯になりやすくなります。
  • 小児の頃に矯正治療を行っても成人後に再度矯正治療が必要になるケースもあります。
  • お子様の顎の骨の成長は15歳前後までとされているため経過観察を含め、治療期間が長くなることがあります。
  • 矯正治療の期間中は装置装着の兼ね合いで一時的に見た目が悪くなります。
  • 小児矯正に使用する装置は、大半がご家庭で本人に装着してもらうタイプが多いためお子様が治療に協力的でないと良い結果が出にくくなります。

院内の技工ルーム

院内の技工ルーム

いしわたファミリー歯科クリニックの中には技工ルームがあり、院内でいくつかの矯正装置は作れる体制になっています。矯正装置は、決まった形のものを使えば良いというわけではありません。その場で作ったり調整したりして、その子に合ったものをご提供できるようにしています。これまでの小児矯正の経験を活かして、お子様にピッタリの装置をお作りいたします。

pagetop